開発日誌ヽ(´ー`)ノ

こんにちは。
工房のこたろうです。

最近のカメラ用レンズは一時期流行ったアポゾナーに始まり、SIGMAのArtレンズ群や、
短焦点の200mm・250mmなど非常に優秀ですよね。
迷人会でも、直焦点撮影時の合間にこれらを使用して、星野を撮る方が大勢います。
当然追尾が必要で、特に135mmクラスともなると、それなりに精度が必要になりますが、そこはサブ機での撮影が多いので、オートガイドではなく高感度・短時間でノータッチってのが主流に思います。
うちでは、おりおんさんのGPガイドパックや私のSPガイドパックなど、過去の赤道儀をお手軽ポタ赤化しての使用が多いです。
特にオークションなどでは過去のSPやSPDXなど直焦点ガイド撮影にも耐えられる赤道儀が、格安で出ていますね。
そして、私がよく聞かれるのは「SP赤道儀にアリミゾマウントを付けるアダプター」が手に入らないか?って事です。
かつてはK-ASTECさんからも少数限定で出ていましたが、今は製造されていないようです。
だんだんそう聞かれることが減るかなって思っていましたが、いまだにヤフオクなどでは、プレート型の自作品が結構な値段で取引されています。
そこで、仲間内のものをいくつか試作して、どこまで「欲しい!」があるかわかりませんが、第四弾として、準備進行中です。

128029.jpg
これですね。説明書いらないくらい単純なものですが、純正のボルト(インチネジ)は短く使えないので、交換用のネジ4本を付けまして考え中です。
128032.jpg
さて、需要あるかな・・・(笑)

コメント

非公開コメント